資料請求お問い合わせ お問い合わせ

お宮参りの基礎知識

Knowredge of Omiya-Mairi

はじめてのお宮参り

知っておきたい!お宮参りの基礎知識

backgound here

Point.1

いつ頃行けばいいの?

お宮参りを行う時期は、一般的には男の子が生後31日目女の子が32日目とされています。

ただし、赤ちゃんやお母様の体調を考えて、生後1か月前後を目安にされると良いでしょう。

季節によっては、例えば真夏でしたら涼しい午前中を選んだりすると良いでしょう。

お宮参りの事前チェック

Point.2

どこのお宮(神社)に行けばいいの?

本来は赤ちゃんが生まれた土地の氏神様の神社に参拝しますが、最近は有名な神社や大社へのご参拝の方も多くなってきています。

参拝の前に事前に予約をされておくと良いでしょう。

滋賀のお宮参り 神社スポット(一部)

Point.3

お宮参りの服装は?

赤ちゃんは初着(うぶぎ)が主流です。男の子なら鷹や兜が描かれた熨斗目(のしめ)女の子は、花などが描かれた友禅や絞り模様お母様がお着物の場合は、訪問着や付け下げ色無地などのお着物が一般的。授乳などでご心配な場合はフォーマルな洋装も良いでしょう。

お父様はスーツなどが多いですが、お着物ならより引き立ちますね。

チェックポイント
お宮参り当日、困ったランキング

1位 お母様の和装小物の忘れ

足袋や帯枕・コーリベルトなど、着付け時の際に無い!ということが無いように

 

2位 長襦袢の半衿汚れ

こちらもお母様のお着物。着用前に衿元に思ってもいなかった汚れが・・

目立つ場所なので、お着物も含めて事前にチェックしましょう。

 

3位 草履の経年劣化

古い草履の場合、経年劣化で鼻緒や草履が取れてしまう事があります。

 

せっかくの記念日ですので、楽しい1日を過ごせるよう、事前にチェックをしておきましょう。

Point.4

マナーや作法は?

神社で祝詞(のりと)をあげてもらう場合は、初穂料(はつほりょう)を用意しておきましょう。

※一般的には5000~10000円

神社によっては受付で現金を納められます。

チェックポイント